「普通」は個人で絶対的に違う。
    だから、マーケティングしないと。

    近頃、メディアも政治家も世論がつかめない。
    つかめてるのは落語家かも。(私見)

    世論ってなんだ。
    マジョリティかな。
    だったら、
    世論が「正しい」わけじゃない。

    だけど、そこに焦点を合わすのが商売。
    そこにいらない突込みを入れるのがお笑い。
    そんなクールな毒が落語にあるからたまんない。

    前向きなマイナス思考で自分がわくわくすることがたいせつ。
    たまには、私のメモ帳公開。

    「女子大生の朝帰り」モーニング娘
    「死なないまじない」ほんとに死なない
    「お見舞い」まだだいじょうぶって連絡しなきゃ
    「エキストラ」一番巧いって主役に言われる
    「ゆっくり急げ」どっち?
    「お母さん」いつでも主役じゃありません
    「お父さん」主役のお父さんの場合が多い
    「TVはえらい」その通り
    「青山児童相談処問題」お金のある人間は町内で必要な経費を出すけど驕らない。
    お金のない人間は出せなくても卑屈になる必要ない。
    みっともないのはお金があるのに出し渋ることと、自分たちの町を造るっていう社会に還元する心がないこと。
    金の亡者でよござんす?自分をもうけさせてくれた社会への還元がセレブの義務。
    じゃなきゃ、野暮だし、粋じゃないでしょ?(以上、江戸文献より)

    fuuko1_2018-12-23-00-27-09.jpg

    個人的に違和感。
    論点自体が悲しい。

    児相にいじめられるのは嫌いだけど、
    (実際助けてくれる気があるのかな、って思った。本当に理解しようとしてるの?だったら頼れるのに)
    具体的に
    母子や父子を救済するためにもっと優しい施設が必要だと思う。
    「優しい」って何?
    力がなきゃ、優しいっていえないよ。
    何に苦しんでるかを的確にとらえて「そこへ向けて戦う力」も提唱できるような、
    児相より問題解決能力に優れたオーガニゼーション、希望。
    2018/12/22(土) 09:52 ひみつ COM(0)